教材名

音声情報の代わりに振動によって知らせる機器 市販
※画像にマウスオーバーすると、画像の説明をお読みいただけます。

  • 教材画像


    教材画像

対象 学校に通うため、親元から離れて遠方より来て寄宿舎で生活している舎生(中学部、高等部、専攻科)
障害種別 聴覚障害教育 
単元・活用場面 教具・補助具 
ねらい 就寝時に火災等を振動にて知らせることで、危機を察して避難できるようにする(お知らせランプ)
検温が終わるまできちんと計ることができる(電子体温計)
障害特性に対する配慮点 きこえないために音で知らせるのは困難である。音の代わりに機器の振動で知らせる仕組みになっている。
期待される効果及び成果 機器が振動することで、避難誘導が少しでも速やかにできるようになる。(お知らせランプ)
体温計が振動することで、検温が終わったことがわかる。(電子体温計)
使い方 就寝時に枕の下にバイブレーターを挟んでおく。もし火災等が発生した場合、非常機器が鳴るのと同時に連動してバイブレーターが動く仕組みになっている。それを察したら避難を始めるように指導している。(お知らせランプ)
熱を測るときに脇の下に体温計を挟む。時間になると振動により知らせる仕組みになっているため、きちんと計ることができる。(電子体温計)
関連する教材や情報 シチズン時計株式会社 電子体温計 CT785V (本製品は販売終了しております)
リオン株式会社 お知らせランプ用バイブレーター BA-03-S50 (本製品は販売終了しております。なお、本製品は消防法による警報設備、ないし避難誘導設備ではありません。)
  • 情報提供者 寄宿舎(附属聴覚特別支援学校)
  • キーワード 避難誘導 体温測定 振動機器
  • 作成日時 2015-09-02 11:26:23
  • 更新日時 2016-03-22 13:51:41