教材名

風船バレー 市販
※画像にマウスオーバーすると、画像の説明をお読みいただけます。

  • 説明はありません。

    風景画像


    説明はありません。

    風景画像

対象 知的障害のある中学部生徒
(様々な実態の生徒がともに活動できることを目指している)
障害種別 知的障害教育 
単元・活用場面 体育,保健体育 その他 
ねらい 通常のバレーボールでは、すぐにボールが地面に落ちてしまったり、得意な生徒のみが活躍してしまい、ゲームの特性を楽しむことができない。そこで本校では、生徒たちが精一杯運動に取り組み、勝敗を競うおもしろさや、仲間との協力の喜びを感じられるように、風船を用いてバレーボールを行っている。
障害特性に対する配慮点 ・生徒の実態を考慮した上で、生徒が落ち着いて操作できる風船サイズを用いる(本校では、90cmの風船を使用しているが、同社から、60cm、120cm等の風船も販売されている)。
・生徒の実態を考慮した上で、タッチの回数や、コートの広さ、その他ルールなどを決定していく(本校では、風船へのタッチ数制限は設けていない。自分の陣地内であれば、誰が何度触ってもよいこととしている。同じ人が連続してタッチすることも可としている)。
期待される効果及び成果 生徒全員がボールに触り、楽しむことができる。仲間と協力したり、支え合ったりしながら活動できる。風船を追いかけてたくさん動くことができる。
使い方 (本校の場合)
・155cmの高さ(バドミントンのネットの高さ)にネットを張る。
・赤と白の2チームに分かれ、ジャンケンでサーブ権を決める。(サーブは、赤1→白1→赤2→白2→・・・と一回ごとに交代する)
・コート前方から、相手コートめがけてサーブを行い、ゲームを開始する。
・自分の陣地にあるボールには、誰が何度触ってもよい。チームで協力しながら、相手コートにボールをおくる。
・自分の陣地内に風船が落ちてしまった場合、相手の得点となる。ほかにも、相手コートのラインよりも外に出してしまった場合も、相手の得点となる。
・制限時間になったらゲームを終了し、多くの得点をとったチームが勝利となる。
関連する教材や情報 風船を用いたスポーツとして、風船バドミントンや風船ゴルフなども行っている。
Hi-Delight スーパーラウンドバルーン90cm(株式会社エクセルポイント)
  • 情報提供者 深津達也(附属大塚特別支援)
  • キーワード 風船 体育 スポーツ ネット型 バレーボール
  • 作成日時 2014-09-30 12:45:20
  • 更新日時 2016-01-28 12:39:37